マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

2013年から2019年までマレーシア ペナン移住し、湘南に帰国したものの、今度は単身赴任でペナン移住アゲイン♪ IT系スローライフを満喫ちう♪

*

『君と会えたから』、を読んで思ったこと

   

一言でいうと、自己啓発系&感動ストーリーの本。
というと身も蓋もないけど、喜多川さんは個人的にも大好きな作家さん。

私の将来(もうおっちゃんですがw)の夢の一つも作家ですが、今注力していることが一段落したら、私は「夢をかなえるゾウ」のような自己啓発系&お笑いも取り入れた、自己啓発系&お笑い系&感動ストーリーの本に取り組む予定ですw

 

IMG_20200202_140054

 

 

君と会えたから

ビジネス書や自己啓発書は、目次を見ると何が書いてあるか大体分かるので、ちょっとピックアップすると・・・

 

○自分の欲しい物を知る

人生を変えたい、またはどんな人生にしたいか決まっていない。
そういう人こそ、この章に出てくる2つのライフリストを作るべき。

昔この記事でも書きましたが、ゴールが決まっていないのに、理想の人生を送れるわけがない。ゴールが明確になるからこそ、それに向けて短期、中期、長期でやるべきことが見えてくる。

 

IMG_20200103_131244

(この道を行けばどうなるものか、行けば分かるさ!w)

 

そして幸せな人生を歩むために、最も重要なことの一つが、『素直であること

幸せな人、不幸せな人で、口癖が異なります。
イエスマンの映画でも触れましたが、幸せな人は『Yes!』
不幸せな人は、何を言われてもまずは否定から入ります。

 

誰か先人があなたに助言してくれた。
あなたのためを思って助言してくれているのだから、あなたより先を言っている人からの助言なら聞いたほうが良いに決まっています。
まだあなたには見えない世界をその人は知っているのだから。

そして助言してくれているのにいつも否定ばかりしていたら、助言すらしてもらえなくなります。
当たり前です。だって助言する意味がないからw

 

 

○夢を実現させる方法を知る

 

IMG_20200204_110116

 

人生のゴールが決まったら、あとは地図とコンパスを持ってそこに向かうだけです。

この夢を叶えるために、いつまでに何をすればよいか?

 

よく『夢に日付を刻む』などと言いますが、リミットのない夢は絵空事です。

そしていつまでにその夢を叶えたいのなら、いつまでに何をする必要があるのか。

そして今日何をするべきか、が見えてきます。

 

一歩踏み出せば次の現実。

今日動かない人に、夢は微笑みかけません

 

また大きな夢を叶えるには、人の助けが欠かせません。

ここは割愛w

 

 

○経済的成功の真実を知る

 

そして『円と書いてなんと読むか』

お金とは?

お金の先にあるもの。

目に見えるものと、その裏側。

 

などなど。

 

IMG_20200205_133652

(HSBC銀行。待っている間、コーヒーが飲めますw)

 

この本で言われていることは、読書家の方や、すでにいろいろな人生経験を積まれている方だと、どこかで読んだり、または共感できる部分も多いと思います。

 

とはいえ、人間は忘れる生き物。

また、仮に覚えていても、できていないこともある。

分かるとできるは違う。

 

 

人生を幸せに導く言葉や行動は、結構当たり前のことでいて、また不変なものでもあります。

あまり自己啓発系を読まない方には新鮮な感動を。

読書家の方にも、また違ったアプローチで心に響くものがあると思います。

 

ちなみにわしは、ジムのウォーキングマシンで歩きながら読書しますが、この本は最後の方では涙してしまいましたw
年で涙もろいんですよねw

ウォーキングマシンでタブレット片手に、速歩きしながら泣いているおっちゃん。
絵になりますw

 

IMG_20200201_123927

 

あまり書くとネタバレになるので、これくらいにしておきますが、オススメです♪

ちなみに同じ著者の本でも、上京物語ライフトラベラー君が来た場所などは、Amazon Prime対応(Kindle Unlimited)で、Prime会員なら無料で読めます♪

わしが最初に読んだ、賢者の書も以前Kindle Unlimitedだったんですが・・・

 

中学生未満:賢者の書(うちの太郎、次郎に課題図書として読ませましたw)
中学生~大学生:君と会えたから
大学生:上京物語
大人:どれでもよしw

 

のような感じでオススメです。

 

ライフトラベラー君が来た場所

はまだ読んでいないので、今のうちにダウンロードしておきたいと思いますw

 - Amazon Prime, じゅごんの頭の中