マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

知り合いゼロからマレーシアのペナン島に移住した家族のドタバタ日記。5年目になりました♪

*

ドバイ(UAE)旅行記その3・疾風の砂漠編

      2018/01/06

いや〜、美味しいものをたくさん食べた日本一時帰国で体重5kg増。
ひとり、実りの秋を迎えてしまった、じゅごんですw

 

・・・・・・

いつも応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・

 

色々あったものの、いよいよシンガポールードバイのフライトに搭乗♪
ちなみにシンガポールからドバイまで約7時間のフライト。
さらに時差は4時間(日本からだと5時間)。
次郎の調子が心配だけど、まぁ、あとは野となれ山となれ、やw

そして、その7時間を共にする機体。
飛行機には詳しくないものの、この機体、今まで乗ったものと明らかに違う!

フライトマップがなんだか3Dでかっこいい!!

 

(行きに撮り忘れたので、帰りのドバイーシンガポール間になっていますw)

 

IMG 1852 IMG 1853

リモコン部分にまで液晶が!
PSPみたいだの♪

さすがシンガポール航空さんやw

 

あとは機内食などw

IMG 1855 IMG 1856 IMG 1857 IMG 1858

みんなビールがススム君でビールを飲み過ぎそうになったけど、初めての中東と言うことで、3缶程度で我慢w
自分の意志の強さが怖くなるわ、ほんまw

そして仮眠を取り、気がついたら・・・

 

ゴゴゴ〜〜〜〜
キキキ〜〜〜〜

 

は〜るばる来たぜ、どばいへ〜〜〜♪

と、いいつつも写真なし。
敬虔なムスリムが多く、不用意に写真撮れずw

 

早々に空港離脱し、ホテルへ。
今回のドバイ旅行は4泊5日で、前半の2泊は倹約ホテル。
4人で泊まれて1泊1万円位のナイスなホテル、アベニューホテルだ♪

 

ただしベッドはダブルが一つのみ(添い寝だから安くなるw)。
どのように人員を配置すべきかチェックインの際に考えていたら・・・

「お客様、本日広めのお部屋が空いております。もしよろしかったらそちらに無償にてアップグレードさせていただきますがいかがでしょうか? ただ、明日は元のお部屋に戻っていただくことになりますが」
「をぉ、マジかいな! 助かるワァ!! 明日戻るのは全然OKなので、今晩だけでもその広いお部屋をお願いします(ハートw)」

 

そして通されたお部屋は・・・

まさかのスイートルーム♪
こぶ付きだけど新婚旅行と間違えたんやろかw

IMG 1862

そして、ホテル到着早々、宿題に励む太郎w

 

長旅の疲れもあり、1時間後にはみな爆睡したのであった・・・

 

 

ちゅんちゅん。
ドバイの朝は早い。

 

なぜなら、朝の砂漠サファリツアーに申し込んでいたからだw
・ ドバイモーニングデザートサファリツアー

 

そしてお迎えが来て、車に乗り込む。
ホテルのある繁華街から高速っぽい道路を走り、ドンドン郊外へ進んでいく。

IMG 1871 IMG 1878

電気の鉄塔がいろいろおもろいw

 

IMG 1884

そこかしこに、大豪邸w

 

 

そして・・・

いよいよ到着!!

IMG 1902

さば〜く♪

ここでまず運転手さんがタイヤの空気圧を砂漠向けに下げる。
その間、暇なので、近くの砂丘に登ってみるなどw

IMG 1907 IMG 1910

すごい。

まさに、ザ・砂漠w
砂が風に流され、ビュービュー音を立てている。

風により、砂丘に波紋のような模様が幾重にも形作られる。

ええわぁ♪

 

気温42度。
でも、思ってたより暑くない。
これもペナンで鍛えたおかげかのw

 

そして調整も終わり、いよいよデザートサファリ!
嫁ちゃん、子供たちには黙っていたけど、じつはデザートサファリとは、ジェットコースターのように荒い運転で砂漠を走り回るのだw

このために今朝は朝ご飯抜きw

 

ぐぅわ〜ん、どっか〜ん、ばりばり、ぐぉ〜ん・・・

砂丘を勢いよく駆け上がり、砂丘の峰を疾走する。
そしてバランスを崩し、横転する!という所で一気に尾根の方へ急降下。

 

「をぉ、凄いね、お父さん! ジェットコースターみたい♪」

太郎が楽しそうに声を上げる。

 

「これ、超たのし〜〜〜!!」
「ちょっと怖いけど、これくらいなら大丈夫かな」

次郎、そして珍しく嫁ちゃんも盛り上がってるようだw

 

・・・。

 

5分後。
何かがおかしい。

さっきまであれほど盛り上がっていたのに、急に誰も声を上げなくなった・・・

 

異様に静かになった後部座席を振り返ると、深海から引き上げられたばかりのアンコウのように、太郎、次郎、嫁ちゃんがぐったりしている・・・

「もぅ、止めてもらって・・・」

最後の力を振り絞り、嫁ちゃんがつぶやく。

 

わし「あの、盛り上がってるところ ごめんね。みんな気分悪くなったみたいだから、もういいやw」
運転「えっ!? これからさらにでかい砂山にアタックするところなのに〜!! でも、まだ5分くらいしか走ってないけど、本当にいいの?」

わし「うん、もう堪能したw ラクダちゃんの所に連れてってくれる?」
運転「らじゃ!(早く終わって超らっき〜♪)」

 

同じ砂漠にあるのかと思いきや、今いる砂漠を脱して、また高速に乗り別の砂漠へw
そして、その砂漠をしばらく走ると・・・

 

IMG 1914

キタ〜〜〜〜!

ラクダちゃん♪
わしの死ぬまでに叶えたい100のリストの一つ、ラクダ乗りがまさかドバイで叶うとはw

 

IMG 1939

 

ラクダ使い(?)が手綱を引き、平坦なエリアを一周する。
ゾウの時と同じく、結構視野が高い。

でも暑さも気にならず、のっしのっしと歩む感覚が心地良い。

 

いい。

いいわぁ♪

 

 

しばらくしてスタート地点に戻り、ラクダから降りる。
ちなみにラクダが立ち上がる瞬間、しゃがむ瞬間は、かなり急角度になり、なにげに怖いですw

 

『もう一周くらい乗りたいな♪』

と思ったものの、子供たちと嫁ちゃんはさっきのデザートサファリで息も絶え絶えと思い断念。

 

と思っていたら帰国後に嫁ちゃんから一言。

「あのラクダ乗りは楽しかったね♪ でも短かったからもう一周くらいしたかったな」
「えぇ〜! 体調悪かったんじゃないの? わしももっと乗りたかったよ! デザートサファリめっちゃ早めに切り上げたから、頼めば10周くらいやらしてくれたよw 」

などというやりとりがあったなどw

 

 

そして最後に、砂漠の中の休憩所で、シーシャ(水タバコ)、アラビアコーヒー、デーツ(ナツメヤシを乾燥させたもの)。

IMG 1956

シーシャは20才未満は禁止。
うらやましそうに見ている太郎w

 

IMG 1959

嫁ちゃんもトライ。
タバコを吸っているというより、魂が抜けていっているようなw

 

ちなみに写真を撮り忘れましたが、デーツがめっちゃうまかった!
で、お土産に買ってきましたが、ペナンのスーパーでも普通に売っていたなどw

 

さてさて、いよいよ次回は世界一のビル、バージ・カリファ&ドバイファウンテンです♪

 

 

・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで参考になった、面白かった、など思われた方は
情報共有のためにも、クリックにご協力頂けると幸いです。

皆様の貴重な1クリックが10ポイントになり、
ブログランキングでの露出アップにつながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・

 - ドバイ