マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

知り合いゼロからマレーシアのペナン島に移住した家族のドタバタ日記。5年目になりました♪

*

キャメロンハイランド旅行記(ブリンチャン山、苔の森、ボーティーなど)

      2017/12/29

キャメロンハイランド3日目。
前回までのお話は、キャメロンハイランド出発編ビートルツアー編をどうぞ♪
・・・・・・・
いつも応援クリック、ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 
・・・・・・・

IMG_5927

チュンチュン。
田舎の朝は早い。

今日は朝ご飯を食べるため、徒歩20分くらいの所にある商店街までお散歩。
ふと振り返ると、今回滞在しているホテルが見える。
ええ雰囲気や♪

IMG_5935

早速、朝ご飯をやっているお店(もはやほとんど屋台w)へ入店。

IMG_5930 IMG_5931

壁一杯においてある謎のボトル。
色違いのものがいくつかあるので、おそらくジュースなのであろうw

最上部が泡立っていて、発酵しているっぽいオーラも出ていて、さすがのわしもちょっと踏み込めないw

IMG_5932 IMG_5933

をぉ、珍しい!
目玉焼き入りのチャークイティオ。
うまし!

・・・・・・・

腹ごなしも終わって、ホテルにElanさんが迎えに来る♪

IMG_5938

ぶ~ん♪
最初はどこに行くのかな~♪
(何も知らずにツアーに申し込むというw)

IMG_5940 IMG_5945

どうでもいいけど、キャメロンハイランドの道は脇道に入ると結構狭い。
反対側から車が来たときはちょっとした修羅場だw

IMG_5955

「ここから登りましょう」
どうやら最初の目的地はブリンチャン山(Gunung Brinchang:グヌン・ブリンチャン)らしい♪

IMG_5956 IMG_5963 IMG_5967 IMG_5971

苔の雰囲気が、またたまらん♪

と、ここで道ばたに生えている草を取って、Elanさんが何かを作っている。

IMG_5957 IMG_5960 IMG_5961

草の冠だ!
変わった形でおもしろい♪
子供たちも大喜び。

ちなみにこの草はペナンヒルでも生えているのを確認したので、草の冠作りたい方はペナンヒルでも作れますよw

IMG_5972 IMG_5973

そして、ほどなく展望台。
霧が出てきて、なんか幻想的や♪

IMG_5976 IMG_5979

 

IMG_5981 IMG_5982

記念にパシャリ♪
ガイドさんがいると家族全員の記念写真を撮りやすくて助かるのぅ。

でも、霧でほとんど背景見えないというw
ちなみに写真で分かるように、上り下りは かなり急な階段ですw

そしてちょっと歩くと・・・

ばばば~ん!

IMG_5984

ブリンチャン山 山頂!

『えっ、ほとんど登山してないじゃん!』って声が聞こえてきそうですが、そうなんです。
ここブリンチャン山は、Elanさん曰く、車で山頂まで行ける東南アジア最高峰の山なのですw

なので記念撮影の時も、『はい、疲れた顔して~♪』と声をかけられましたw

・・・・・

そして車で下山w
その途中、わしの楽しみにしていた名所の一つ、苔の森(Mossy Forest)へ。

「ここら辺から入りましょう」
「えっ、ここ!?」

Elanさんが車を止めたのは普通の登山道。
しかしこれから分け入るのは、登山道からそれた、まさに道なき道

IMG_5985 IMG_5987 IMG_5994 IMG_5995

何を目印にして歩いているのか、全く分かりませんw
でも、霧がかっているせいもあって、なんか神秘的な雰囲気♪

ちなみに原住民は森に精霊が住んでいると考えており、森に入るときに守らなければならないルールをいくつか教えてもらいました。
・植物をむやみに摘まない(いや、Elanさん、結構バンバンつんどるでw)
・大木には精霊が宿っているので、おしっこはかけない、などなどw

IMG_5997 IMG_5999 IMG_6001 IMG_6005

トレッキングと聞いていたけど、ほとんど登山レベルの道のり。
Elanさんが言うには、2時間ほどトレッキングすれば、それこそ誰も踏み入れたことがないような美しい苔の森に行ける、とのことだったけど、ショートトレッキングにしてえがったw

IMG_6008

苔の森の中でもパシャリ♪
Elanさんのおかげで、今回の旅行は、我が家にしては家族写真が多いw

IMG_6009 IMG_6011

植物も色々なものが自生しています。
ウツボカズラ♪
こちらでは猿などがのどが渇いたときに飲むらしく、モンキーポッドと呼んでいるそうです。

IMG_6014

最後の崖と言えるレベルの下りw
Elanさんが次郎をむんずとつかみ、降りてくれる。
ほんま、色々頼りになる♪

IMG_6015

開けた道に出た所で、Elanさんがある葉っぱを引き抜く。

「これは登山など疲れたときにかじると元気になる茎です。ちょっと酸っぱいです」

と渡してくれた。かじってみると確かに酸っぱくて、疲れも吹き飛ぶ感じ♪
お婆ちゃんの知恵袋ならぬ、Elanさんの知恵袋やw

・・・・・・

またここから車に乗り込み、一路ボーティー(BOH TEA:紅茶畑)へ。
BOH TEAと言えばマレーシアで知らない人がいない位の有名な紅茶ブランド♪

IMG_6016 IMG_6017

紅茶畑。
癒やされる♪

IMG_6018

ここでElanさんから茶葉の説明。
一級品は一番上の新芽的な葉っぱのみを使用するらしい。

かじらせてもらったら、独特の味わいw

IMG_6028 IMG_6037

本場のボーティーでお昼ご飯♪
写真を撮り忘れてしまったみたいですが、このレストランが高台からせり出したような形で、眺望さいこぅ♪

・・・・・・

食後は紅茶工場の見学。

IMG_6043 IMG_6046 IMG_6048 IMG_6050 IMG_6052 IMG_6053

この後、ホテルに送ってもらってElanさんともお別れ。
ほんに楽しかったのぅ♪

・・・・・・

そして翌日。

松本清張『熱い絹』でも有名なスモークハウスでアフタヌーンティへ♪

でも、その前に時間があるので近所をぶらぶら。

IMG_6057 IMG_6058 IMG_6065

なぞの風車小屋、発見。
どうも高級住宅地っぽい感じ。洋風な雰囲気が、またええのぅ♪

ネットでググるとストロベリーファームもあるようなので、そちらにも行ってみることに。

IMG_6066 IMG_6070

カクタスバレーに続き、さびれオーラ半端ないw
嫌いじゃないよ、こういうのw

IMG_6076 IMG_6077

喫茶店で休憩。
ストロベリーココア、ストロベリージュース、ストロベリーサンデー。
ストロベリーづくしw
しかし、わしのオーダーしたストロベリーサンデー、ツッコミどころ満載w

・・・・・・

いよいよスモークハウスへ♪

ばばば~ん!

IMG_6084 IMG_6090 IMG_6091 IMG_6095

これや、これ!

いい♪
イメージ通りやぁ♪

IMG_6089 IMG_6098

ランチ希望と伝えると、お庭に通してくれる。
なんとお客は我々のみ。
貸し切り状態やぁ♪

IMG_6099

テーブルに座ってオーダーを終えると、料理が給仕されるまで、お庭で好きにおくつろぎください、とのこと♪

IMG_6108

定番のブランコ♪

IMG_6110 IMG_6114 IMG_6115 IMG_6116 IMG_6118 IMG_6120 IMG_6121 IMG_6125 IMG_6126 IMG_6127 IMG_6129

しっかり手入れの行き届いたお庭。
なんかほんまにヨーロッパのお宅に遊びに来たかのようw

・・・・・

そしてお昼ご飯。
人生初のアフタヌーンティ。
そしてスコーン!

IMG_6134

…めっっちゃ、うまし~~~!
クリームチーズとストロベリージャムがスコーンにめっちゃ合う!!
そして紅茶との絶妙なハーモニー♪

ペナンに帰ったらさっそく我が生活習慣に取り入れよう、と画策するじゅごんであったw

そして食後は、スモークハウス内を見せてもらう。

IMG_6139 IMG_6140 IMG_6142 IMG_6145 IMG_6154 IMG_6155 IMG_6158

外のお庭もいいけど、中も昔ながらの洋館って感じでええわぁ♪
ここはレストランだけではなく、ホテルにもなっているので気になる方は宿泊もありですよ。

ただバリューな旅行をするなら、今回のわしのような、宿泊はコプソーンホテルなど比較的新しく設備、立地などでバリューな所を選び、スモークハウスなど伝統的&高級な洋館には食事に訪れるのが良いと思います。そして浮いた分でツアーを満喫♪

・・・・・・

いや~、今回のキャメロンハイランドもいつも通り行き当たりばったりだったけど、Elanさんのおかげでほんに満喫できたのぅ。
個人的に色々ツボだったので、毎年一回は訪れたいな、と思っています♪

とりあえず次回は、ラフレシアツアー&ツリーハウスだの♪

ちなみに今回うちがお世話になったElanさんのビートルツアーはこちらです。
プライベートビートルツアー(車貸し切り):RM500
日本人ガイド(Elanさん):RM100

合計:RM600

今回の記事のキャメロンハイランド一日ツアーはこちら

ちなみにここまで明記してませんでしたが、じつはElanさん日本語ペラペラなんですw
そのおかげで家族全員、様々なツアーを満喫できました♪

何はともあれ、ペナン在住者なら、車で3時間ちょい。
是非、一度は行くべき場所ですYO♪

・・・・・・

■最後に

この時のキャメロンハイランド旅行は、初日にFacebookにアップした所、FB友達より、キャメロンにいるなら松本清張『熱い絹』必読ですよ!と言われ、その晩ホテルにてKindleで購入&ダウンロードして読み始めましたが、これがほんに大当たり!
ブリンチャン山、スモークハウス、タナラタ、ボーティー、サン・ポー寺院、チョウチョウ採集ツアーなど、今いる場所の地名満載で、かなり自分的にキャメロンハイランド旅行が楽しくなりました。
また、これを読んでからビートルツアーを振り返ってニヤリとすることもw

もし、これからキャメロンハイランド旅行を検討されている方がいるなら、事前に『熱い絹』必読ですよ♪

■日本からの観光の方へ
KLからキャメロンハイランドへのオプショナルツアーなら、こちら

・・・・・

この記事がお役に立ちましたら、クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・

 - 車旅