マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

知り合いゼロからマレーシアのペナン島に移住した家族のドタバタ日記。5年目になりました♪

*

キャメロンハイランド旅行記(クワガタ採集ツアー編)

      2017/12/29

チュンチュン。
田舎の朝は早い。

IMG_5719

ホテルのベランダから日の出を眺めていると、太郎が起きてくる。
嫁ちゃんと次郎はまだ爆睡中だ。

太郎を誘ってホテルの周りを散歩することに。
シンガポールのビジネスパートナーから聞いた話では、10年以上前はホテルの周りの街灯などにもカブトムシがやってきて、わんさか取れたらしい。
ただビートルツアー(クワガタ&カブトムシ採集ツアー)の方(以下、Elanさん)の話だと、今のキャメロンハイランドは開発が進んでおり、クワガタなどが減ってしまいビートルツアーでも空振りの日がある、とのこと。

ちなみに蛇足ですが、このElanさんにビートルツアーのことを問い合わせた際、あまりにもわしが『子供に是非とも、こっちのカブトムシを捕まえさせてやりたいんです!』と熱く語ったため、Elanさんが逆に不安になったのか、以下のような提案をしてくれた次第ですw

「当社のHPを見ると毎回カブトムシが捕れるように見えると思いますが、キャメロンは開発が進んで昆虫がとても減っています。空振りの日も多いです。今ならキャンセル受け付けますので遠慮なく言って下さい」

「いえいえ、ノーアタックノーチャンスですから必ず行きます。わし、ラッキーマンなんでたぶん大丈夫ですよw ちなみに4泊で行くので、万が一 初日空振りだったらElanさんのご都合が良ければ、2日目、3日目とお願いするつもりです!」

今振り返ると、相当なプレッシャーですねw

このような流れもあったため、ホテルの周りの散歩ではカブトムシは難しいと思いつつ、涼しくて何となく散歩が気持ちよさそうだったので、太郎とお散歩♪

まだ多少暗い中、街灯回りを物色。
蛾はいるものの、カブトムシやクワガタの気配はない。

「あれ? なんやあれ?」

そんな中、街灯の柱にしがみついているヤツを見つけたのだ!

ばばば~ん!

カミキリ虫!(写真撮る余裕なしw)
白いボディから、ちょっと気味の悪い赤色の触角がのびている・・・

でっ、でかい!!

わし「をぉ、これはすごい! 太郎、早く捕まえなさい!」
太郎「でも、めっちゃ大きいよ。怖いよぅ」

わし「あほ、これでビビってたら、カブトムシなんか捕まえられんぞ!」
太郎「で、でも・・・」

わし「怪我をしない代わりに、何も捕まえられない人生。指を一本失ったものの、カブトムシをゲットする人生。おまえはどっちの人生を歩みたいんだ!」
太郎「えぇ~。指なくなるのはやだよぅ~!」

わし「では、人間的アプローチ。指も失わない、カブトムシもゲットする、そういう方法を考えるのだ!」
太郎「う~ん、この虫箱でカミキリ虫を覆って、こそぎ取る感じでやったらどうかな?」

わし「それや! やってみよう」

そして、1,2分の格闘の後・・・

IMG_5718 IMG_5716

満面の笑みの太郎♪
カミキリ虫ゲットだぜ!

IMG_5727

部屋に戻って確認してみる。
やっぱりでかいw
そして不気味やw

そしてだんだん辺りが明るくなっていく。

IMG_5721 IMG_5722

のどかやの~~~♪

夜のビートルツアーまで暇なので、近所にある観光スポット、バタフライガーデンへ。

IMG_5729 IMG_5733 IMG_5767 IMG_5768 IMG_5734 IMG_5735 IMG_5737 IMG_5738 IMG_5740 IMG_5741 IMG_5744 IMG_5749 IMG_5752 IMG_5761 IMG_5764 IMG_5779

ペナンバタフライファームをもう少し小規模にした感じだけど、種類も豊富で結構おもろい♪

IMG_5742 IMG_5743 IMG_5758

そしてカブトムシ。
太郎、次郎のテンションも高まりますw

IMG_5781 IMG_5783

展示物コーナーで古い新聞の記事を発見。
なんと日本人コレクターが珍しいクワガタをRM342,000(一千万円以上!)で購入したらしい。
いろいろ凄いw

IMG_5787 IMG_5796 IMG_5797 IMG_5799

南国の植物たち。
涼しいせいか、ペナンより元気があるw

IMG_5802 IMG_5803 IMG_5806 IMG_5807 IMG_5808 IMG_5809

お土産コーナー。
この多肉植物、ええ感じやわぁ♪

お腹も空いてきたので、タナラタの繁華街へ。
ちなみにキャメロンハイランドは、基本一本道なので、初めてでも移動はかなり分かりやすいです。

IMG_5810 IMG_5811 IMG_5814

ほんに田舎町の雰囲気満点で、ええのぅ♪
ご飯もまずます合格点。

食後、毎日10時間以上寝る魔性の女、嫁ちゃんが昼寝がしたい、と言い出したので、嫁ちゃんだけホテルに一度連れて帰り、わしたちは近所にあるCactus Valley(サボテン園)へ。

IMG_5834

謎の巨木がお出迎えw
これは期待できそうや♪

IMG_5835 IMG_5836 IMG_5838 IMG_5839 IMG_5841 IMG_5842 IMG_5843 IMG_5845 IMG_5855 IMG_5856 IMG_5859

大小、さまざまな形のサボテンが、あたり一面を埋め尽くす。
まさに松田優作『なんじゃこりゃ~!』状態w

IMG_5848 IMG_5853 IMG_5852

個人的にツボだったのが、食虫植物。
ツボだけに~w

そして、見つけたなぞの物体w

IMG_5851

多肉植物とは別次元の不気味さw

IMG_5877 IMG_5883

階段を上ると、カクタスバレーの象徴(?)、巨大サボテン像。
田舎の寂れた遊園地的風情がたまりませんw

・・・・・・

そしてホテルに戻り、晩ご飯。
腹が減っては戦はできぬ!

IMG_5905 IMG_5900 IMG_5901 IMG_5903 IMG_5904 IMG_5907

見た目通りの味。普通にうまし♪
と、いうより子供たちはこの後のビートルツアーに胸膨らませ、味わう余裕なしw

そして、7:30PM。
軍用車を改造した緑色のオフロード車でElanさんが迎えに来た♪

IMG_5908

ほとんど真っ暗な山道をひた走る。
時折、山の方で光っている場所がある。

Elanさん曰く、野菜栽培の畑で、光を当てることにより成長を早めている、とのこと。
そしてキャメロンハイランドの開発が進んでいると言っていた件、わしはてっきりホテルなどの開発かと思っていたけど、じつは畑をどんどん増やしていて、それで森がなくなっているらしい。
また森が減っているせいで、土砂崩れも増えているらしい。

色々考えさせられる…

・・・・・・

しばらく走ったら、メインの道路から外れ山道に入る。
その時、Elanさんが一言。

「昨日雨は降ったけど、雲が出ていて月が見えない。じゅごんさん、ついています。これならいけるかも・・・」

目的地に到着したようで、車を止める。
どこかでバイクのエンジン音。電灯用の発電機だ。

IMG_5909

あれや!
灯火採集といって、光を当てて虫を集める。

事前に原住民が来て、白い布、ライトを準備して光を当てておいてくれます。

IMG_5913 IMG_5915

をぉ、なんかいるぞ!

子供たちと布に近づくと・・・

IMG_5916

おしぃ、蛾だ!

Elanさんによると、寄ってきた昆虫は布に着く場合もあるし、落ちてその下にいることもある、とのことなので地面も探すことに。

すると・・・

IMG_5920

をぉ、いた~~~~~!
雌っぽいけど、この際贅沢は言っておれんw

「太郎、次郎、早く捕まえるんや!」

せっつくわしをよそに、ビビってなかなかつかめない子供たち。

わし「こいつはメスで、ツノとかないから大丈夫や!」
太郎「でも、足にトゲトゲとかあるし・・・」

わし「おまえ、本物のカブトムシを捕まえたいんやなかったんかぃ! 目の前におるで! しかもメスでだいぶ初心者向けやw」

雌のカブトムシをちょんちょんつつきながら、近づいたり離れたりを繰り返す太郎。

そこで見かねたElanさんが捕まえて、次郎の服にカブトムシをつけてくれた!
「ここを持てば大丈夫」と懇切丁寧な指導付きw

IMG_5917

そして勇気を振り絞って、太郎が捕まえる!
とうとう、本物のカブトムシゲットや!!

そしてこの後も探し続け、念願のスリーホーン(ツノ3つ)のカブトムシ、クワガタを含め、4匹をゲット!!
太郎、次郎、ともに大満足♪
IMG_5923 IMG_5926 IMG_0840 IMG_0844

帰る途中、車を止めて、近くにあったおがくずを集めて、虫かごに入れてくれるElanさん。
この方が虫も温度調節しやすく、長生きするとのこと。

Elanさん、色々な気遣いにあふれ、ほんに感謝感謝や♪

ビートルツアーが主目的で、全くキャメロンハイランドのことを知らずにきてしまった、じゅごん親子。
目的を達成してしまったため、明日以降の予定は白紙。

Elanさんに聞いてみると、ラフレシアツアーやキャメロンハイランド一日ツアーなどもあるとのこと。
そこで早速、明日はキャメロン一日ツアーをお願いすることに♪

明日はどんな所にいくのか、楽しみだのぅ。

何はともあれ、カブトムシ&クワガタ、捕まえられてほんにえがった♪
そして興奮しまくりのせいか、ホテルに着いたらいきなり爆睡する太郎、次郎であったw

■日本からの観光の方へ
KLからキャメロンハイランドへのオプショナルツアーなら、こちら

・・・・・

この記事がお役に立ちましたら、クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・

 - 車旅