マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

知り合いゼロからマレーシアのペナン島に移住した家族のドタバタ日記。5年目になりました♪

*

子供たちへの手紙:名前の持つ力

      2018/01/06

子供たちへ。
元気にしていますか?
お父さんは今、KL(クアラルンプール)でお仕事頑張っています。

さて、今日は二人に名前の持つ力について話しておきたいと思います。
言霊、ともいうように言葉には力があります。

人を伸ばす力、おとしめる力、言葉の使い方一つで話している人を不幸にも幸せにもできます。

それが名前ともなれば、その人を表す言葉ですから、持っている力は想像を絶します。

例えば、動物園のパンダで、ランラン、ホァンホァンなどいましたね。
なんか愛くるしくて、パンダっぽい名前ですよね。

また桃太郎などもそうですが、太郎、と言う名前は日本人らしく、男らしい強そうな名前です。

さらに視点を変えて、お父さんの大好きなスターウォーズなんかだと、宇宙船の名前でミレニアムファルコン号。
確実に何かやってくれそうな名前ですw

さて、お父さん、昨日仕事の打ち合わせで先方の女性社長さんとお会いしました。
笑顔が愛くるしい、ちょっとドラえもんに似たとってもチャーミングなチャイニーズマレーシアンの方です。

その方がこの名刺を出しながら、満面の笑顔でお父さんに向かって自己紹介するのです。

IMG_4530

「Hello, Nice to see you. I am Chin Chin.」
(初めまして、チンチ☆です♪)

お父さんも会社を起業して早8年。
色々なことを経験してきましたから大抵のことでは眉一つ動かしません。

しかし、これは反則ですw
若かりし頃、『ダウンタウンのガキ使』で鍛えていなかったら、さすがのお父さんもこの先制ジャブで終始相手ペースとなり、厳しい戦いになったと思いますw

まぁ結局、チンチ☆さん凄く良い方&優秀だったので、この方にお仕事をお願いすることにしたんですけどねw

さて、太郎、次郎。
今後の人生、色々な人に出会うと思います。
想像のやや斜め上を行く名前を持った方と出会うことも多々あることでしょう。

お父さんの反省から学び、相手を名前だけで判断せず、相手の内面を見る、二人にはそういう人になって欲しいと心から思っています。

そのためにも今のうちからたくさんの友達を作って、色々な名前を聞き慣れておくようにねw

あっ、あと今回もお土産買い忘れたから、そのへんもよろしくw

よろしかったら、子供への手紙:日本出張編子供への手紙:シンガポール出張編、もどうぞ♪

更新の励みになります。
ブログランキングボタン2つ、ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

 - KL出張