マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

知り合いゼロからマレーシアのペナン島に移住した家族のドタバタ日記。5年目になりました♪

*

イタリア旅行記その4(フィレンツェ編)

      2017/12/29

ちゅんちゅん。
フィレンツェ移動の日の朝は、はや、くもないw

朝食を済まし、ホテル近くのヴァポレット乗り場から、サンタルチア駅へ向かう。
今回フィレンツェまで乗る高速鉄道は、Freccia rossa(赤い矢)、さらに奮発して最上級のExecutiveシート♪
乗車前にラウンジ利用も可能とのことなので、無意味に早くサンタルチア駅に来たなどw

ばばば〜ん!

IMG_8880 IMG_8884 IMG_8881

これが、Freccia上級メンバーか、Executiveシート乗車客しか入れない、Freccia Club。
なかなかオサレで、ええ感じや♪
とりあえずビールでも飲もか(ちなみに現在午前10時w)、とドリンクを見に行ったら、衝撃の事実!
ビールがない~~~!!

『いやいや、ラウンジでビールがない、とかありえへんし。たぶん、スタッフさんが冷蔵庫に入れ忘れたんやろ』

とスタッフさんに確認するも、ソフトドリンクのみです、とのつれない返事。
ただ、
「その代わり車内では、シャンパン、赤、白ワイン、地ビール、など飲み放題ですぅ♪」
とのことで、来たるべき戦いに備え、オレンジジュースでビタミンC補給をするアラフォーおっさんたちw

ちなみに、ラウンジ利用ができることにはもう一つメリットがあって、最初の記事に書いたように、イタリアでは駅に改札がないため、誰でもプラットフォームに侵入できてしまい、そのせいでスリなどが多かったりする。
で、普通の乗客は、このような機械

IMG_8892

で乗る際の日時を打刻して乗車する訳ですが、Executiveシートの場合は、そのまま直接乗車OK。
なので、出発直前までラウンジにいて、電車が来たらそのまま乗り込めば、プラットフォームで待つ必要がなく、スリなどに巻き込まれることがほとんどなくなるのだ。
・・・・・・・

いつも応援クリック、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・・
ぷぁ〜ん。
「来たでぇ!」

IMG_8889

我らがレッドアロー号到着♪
乗り込むなりメニューを手渡され、飲み物を聞かれる。
やはり、こういう場合、シャンパンやろ♪と飲み慣れない発泡酒を頼むアラフォーたちw

IMG_8912 IMG_8903 IMG_8904 IMG_8907 IMG_8908 IMG_8911

1車両、わずか8席しかないせいか、この時の乗車では満席。
ちなみにフィレンツェーローマ間では、我々以外に乗客ゼロで、なんと貸し切り状態!
その時の写真で、車内をちとご紹介♪

IMG_9297 IMG_9298

無駄に広いw
身長180cmのわしでも、前の席に足が届かない。
やや短足と言うこともありますがw

そして圧巻なのが、これ!
ばばば〜ん!

IMG_9305

会議室。
なぜに電車の中に会議室?
よく分からんけど、さすがイタリアやw

そうこうしているうちに、シャンパンの登場♪

IMG_8915

「とうとうここまで来たな。次はフィレンツェ。ビステッカにポルチーニのパスタやぁ♪」
「ほんとにオマエは食い物ばっかりだなw まぁいい。とりあえずかんぱ〜い!」

げふっ! げふ、ごふ、げふ、ごふん・・・
はぁはぁ・・・

慣れないシャンパンでいきなりむせる、おっさん2名w

「ふっ。同じ発泡酒とはいえ、やはりビールとは破壊力が違う。さすがイタリアや
「いや、全然イタリア関係ないだろ…」

なんとかシャンパンを飲み終わり、今度は泡のない白ワインに切り替える、じゅごんw

IMG_8926 IMG_8932

「のどかやな〜。こりゃビールがススムくんだな〜♪」

早速、白ワインを飲み終わり、ビールを頼むじゅごん。

IMG_8940

「いや〜、ごきげんな旅だな〜♪」
「いや、どうでもいいんだが、まだ午前11時前だけど、オマエ本当に大丈夫だろうな? 午後11時じゃないぞ」

「こんだけ明るいんだから、もちろん午前だってことは分かるよぉ〜。だいじょ〜ぶ、ビールはこっちじゃ水みたいなもんだから〜」
「・・・(オマエ、ビールの前にシャンパン、白ワイン2杯、のんどるやろ。しかもろれつがあまり回ってないような)」

不安がるマーシーを余所に、パイナップルのタルトが運ばれてくる。

IMG_8936 IMG_8933

「をぉ、これまたうまそうだな。これは白ワインかな♪」

そして、白ワインをこの位空けた状態で、タルトも食べずに、じゅごんは爆睡し始めたそうな…w

・・・・・・・・・・

「着いたで」

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のホームに降り立つ。

「いや、『着いたで』とかいうなら、せめてその千鳥足を何とかしろ」
「まーしー、おれはだいじょうぶだぁ。それより いたりあはぁ、みなみにいくほどぉ、ちあんがわるくなるらしぃからぁ、おまえ、すりとかぁ、きをつけてぇ・・・」

「…おまえに言われたくない」

IMG_8973

ノヴェッラ駅を出ると、いきなりの大聖堂!

IMG_8989

をぉ、路面電車も走ってる♪

とにかく、一度ホテルにチェックインして、昼寝せねばw
駅チカのホテルにしてえがった♪

IMG_8979 IMG_8981
Hotel San Giorgio & Olimpic(agoda, Expedia)

ヴェネツィアはホテルが高かったため相部屋だったけど、フィレンツェは奮発して、ダブルルーム2つ♪
これでお互い安眠できるw

・・・・・・・・・

チクタクチクタク。
1時間後。

「待たせたな、完全復活や!」
お酒も抜け、早速お昼ご飯を食べに行くことに♪

ヴェネツィアでの反省を生かし、地球の歩き方 イタリアで紹介されているお店に行くことに。
ホテルから徒歩圏内の『イ・クワトロ・アミチ(I 4 Amici)』へ。
ちなみにここは、日本語メニューもありますw

IMG_9101

IMG_8991 IMG_8993

かわいい地ビールと、赤ワイン♪
そしてオーダーは、ビステッカ&ポルチーニ茸のボロネーゼセット!
なんと、わしの食いたかったビステッカとポルチーニが一回で食べれる、すんばらしいセット!!

ばばば~ん♪

IMG_8999 IMG_9001

まずはポルチーニのパスタ。
いきなりビジュアルで、写真右の粉チーズのてんこ盛りが、わしのハートをわしづかみw
早速、ひとくち。うっ、うまい!
盛り方もオサレだけど、それ以上にうまっ!!
ヴェネツィアのパスタとはレベルが違う。
というか、このお店が当たりなんだろな・・・
ポルチーニも大きめのものが一杯入っていて、大満足♪

そして・・・

ばばば~ん!

IMG_9004 IMG_9005 IMG_9009

ビステッカ!
セットだからそこまででかくはないと店員さんが言ってたけど、普通にでかい!w
ナイフを入れると肉汁がしたたる♪
噛む度に、うま味がしみ出てくる。

しかし、ポルチーニ&ビステッカ、想像を大幅に超えるうまさやった♪
フィレンツェに寄ることにして、ほんにえがった!

・・・・・・・・

腹ごなしを兼ねて、お散歩へ♪

IMG_9015 IMG_9018 IMG_9023

ドゥオーモ、ジョットの鐘楼。
まさに圧巻の景色。
生で見ないと伝わらないスケール感。

・・・いや、しかし観光客の数も、半端ないw

IMG_9026 IMG_9029 IMG_9035 IMG_9040

ちなみに町中に観光用の馬車が走っていますw

IMG_9044 IMG_9048 IMG_9051 IMG_9057

ヴェッキオ宮、ウッフィツィ美術館。

「アニメで見た景色と一緒だ~~~!」

久々に、マーシーの雄叫びが上がる♪
ウッフィツィ美術館には、マーシーが絶対行きたいと言っていたので、道すがら売店で、明日の前売り券をゲット♪
(日本語サイトで事前予約なら、ウッフィツィ美術館入場チケット予約(日本語音声ガイドもあり)

とりあえず時間帯のせいかどこも混んでいるので、ホテルの人のお勧めだったミケランジェロ広場を目指すことに。

IMG_9064

ヴェッキオ橋。
しかし、ヴェネツィアといい、フィレンツェといい、どこを切り取っても絵になる。
これが、いわゆる歴史の差なんだろな・・・

IMG_9071 IMG_9072

対岸に渡り、妙にでかい門をくぐると、ミケランジェロ広場への登山道がスタートw

IMG_9074

写真一枚のみですが、結構な登りでアラフォーおっさんたちは心が折れる寸前でしたw

IMG_9082 IMG_9092

フィレンツェが一望できる、と言われているだけあって、すんばらしい景色。
この景色を見て、死ぬまでに叶えたい人生100のリストに『フィレンツェに1ヶ月以上住む(単身可w)』が入ったのでしたw

帰りはさすがにもう歩けないということで、ちょうど来たバスに乗ることに。
近くにいた人に聞いた感じでは、バスは前売りの乗車券を買っておく必要があるものの、運転手も売ってくれる、とのこと。
バスに乗り込み、チケットを売ってもらおうとするも、売り切れ、とのこと。

「まぁ、とりあえず乗りな」

と言われ乗せてもらい、降りる際にいくらか聞くと、「いいから、いっていいよ」と笑顔で送り出す運転手。
フィレンツェ到着初日に、フィレンツェ人の暖かさに触れて感動するじゅごん。

『誰や、南部に行くほど治安が悪くなるゆうてたんは。我が実家、相模原並に暖かい人たちやんか♪』

・・・・・・・・・・・・・

登山で体力を使い果たしたため、早速晩ご飯へ。
お店はもちろん、お昼に当たりだったイ・クワトロ・アミチw

IMG_9102 IMG_9106 IMG_9103 IMG_9110 IMG_9107 IMG_9111

すべてが、オサレで、うまし♪
このオニオンスープがまた絶品♪
そして大好物のポルチーニ♪

写真を撮り忘れて、この後もおつまみ系をオーダーしつつ、夜は更けていくのでしたw

・・・・・・・・

ちゅんちゅん♪
フィレンツェの朝は早い。
昨日の行列を見たため、朝駆けで人気のある観光地に行くことに。

見ながらどこにするか決めるため、まずは定番、朝の散歩♪

IMG_9115

ジョットの鐘楼(カンパニーレ)。
何度見ても美しい。
あとで知ったけどダンテがあの『神曲』の中でもジョットの芸術性に触れたほどの一品だったなど。

IMG_9118

ドゥオーモ。
こちらも圧巻。

ジョットの鐘楼がまだガラガラだったため、早速登ることに。
ちなみにヴェネツィアのカンパニーレと異なり、こちらはなんと階段!
高さ85mをひたすら登りますw

IMG_9142 IMG_9141 IMG_9175

結構、狭くて急ですw

IMG_9178

でも、たまにある窓(?)からの景色もええ感じ♪

ばばば~ん!

IMG_9122 IMG_9125 IMG_9134 IMG_9135

朝日に映えて神々しい。
ほんまフィレンツェにも来て良かった♪

IMG_9163

なぜか赤系の屋根が多いイタリアw

IMG_9181

下山すると、ドゥオーモはすでに人だかり。
「まっ、そろそろウッフィツィ美術館の入館時間だし、ドゥオーモはいいか」

フィレンツェ最大の観光名所の一つ、ドゥオーモを華麗にスルーするアラフォーおっさん達w
正しくフィレンツェ観光される方は、ツアーなどで見どころをしっかり押さえましょう。
お勧めフィレンツェツアーならこちら(日本語ガイド対応)

 

・・・・・・・・・・

ウッフィツィ美術館は、予約時間より10分くらい前に着いたものの、ガラガラだったため、待ち時間なしでそのまま入れてくれました♪

IMG_9190 IMG_9194 IMG_9195 IMG_9198

正直、芸術系には全く興味がなかったじゅごんですが、ウッフィツィ美術館、ほんま行ってえがった!!!
昔、教科書で見たような世界的に有名な絵画の数々。ボッティチェッリの春、ヴィーナス誕生などなど…
ゲイジツってよく分からないけど、そんなわしでも感動してしまう迫力!
いや~、ほんにただただ、すごい!としか言えんかった・・・

日本語オーディオガイドを入り口でレンタルしていますが(パスポート必須)、ツアーでない方はこれは必須です。
これのおかげで著名な絵画の背景、構図、描かれているものの意味合い、などが理解でき、美術鑑賞がより楽しくなりました。
ちなみに写真撮影もほとんどOKなどw

IMG_9186

ちなみにウッフィツィ美術館からもヴェッキオ橋が見えます♪

ウッフィツィ美術館だけでおそらく20ページ以上の解説ができてしまうくらいのスケールのため、ほとんどはしょってますw
興味を持たれた方は、是非一度足を運んでみてください。
その価値は必ずあります。

・・・・・・・・

ウッフィツィで歩き疲れ、お昼ご飯タイム。
もちろんお店は、イ・クワトロ・アミチw

店員にも覚えられはじめるなどw

IMG_9199 IMG_9203 IMG_9208 IMG_9211

ここなら、イカスミパスタも相当うまいのでは?という誘惑に勝てず、フィレンツェなのにイカスミパスタをオーダーw
やはり想像通り、間違いのない味でうまし♪

そして、今までなぜ気がつかなかったのか?
わし的には、ポルチーニと白ワインの相性が抜群で、ポルチーニだけ食べれればOK。
では、パスタはいらないんじゃ?ということで、ポルチーニのパスタではなく、ポルチーニソテー。
これが、大当たり!!!
オリーブオイルとパセリが和えてあり、大きめにカットされたポルチーニに合う!
大量のポルチーニ(パスタの倍以上♪)をほおばり、白ワインを流し込む。
ウッフィツィでの感動も交わって、至福のひとときやぁ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9228 IMG_9260

食後のお昼寝をしてから、大好きになったフィレンツェの街を散策。
明日の朝にはローマに発たなければならない。
名残惜しく、一歩一歩かみしめるように歩を進める。

ちょっとしたビルの角にも彫像が埋め込まれていたり、ふと見上げると大きな彫刻があったり。
街全体が芸術作品と行っても過言ではない街。

だいぶ歩いて、お腹も空いてきたので、とうとうフィレンツェ最後のディナー。
お店はもちろん、イ・クワトロ・アミチw
(どんだけお店外すの恐れているんだ、このおっさん達はw)

IMG_9236 IMG_9239

リゾット系を一度も食べてなかったので、まずはポルチーニのリゾットと魚介のリゾット。
これまたポルチーニの方は、ポルチーニ茸の濃厚なダシがしみ出ててうまし!
魚介の方も、しっかりと魚介ダシが米に染みこんでいる♪

IMG_9242

マーシーは奮発して、トリュフ(&ステーキだったかも?)。
このソースがまた絶品♪

IMG_9244 IMG_9249 IMG_9254 IMG_9256

わしも奮発して、メインはスズキの塩釜焼き。
すっかり馴染みになったお兄さんが、塩釜を割って骨を取り、身を取り出し、温野菜をオイルと和える所までしっかりやってくれる。
スズキの身もほっこり柔らかい、また塩味がじんわり効いて、白ワインがススムくんw

すっかりお腹も満たされて、軽くお散歩。

IMG_9261

マーシーに奢ってもらった、メロンのジェラートをほおばりつつ、夜のフィレンツェを散策。
ほんに名残惜しい・・・

また絶対に来るぞ!と心に誓い、ホテルに戻るなど。

・・・・・・・・・

ちゅんちゅん。
フィレンツェ最終日の朝は早い。

IMG_9276 IMG_9278

朝ご飯を食べるカフェ探しがてら、またもや散策。
有名な鼻がピカピカのイノシシにも会えたわぁ♪

IMG_9284 IMG_9285 IMG_9280

いや、しかし、これ系の朝ご飯は、ほんに外れがない。
生ハム&チーズ&パン生地が絶妙で、普段朝ご飯食べないわしも、ぺろりといけてしまうw

そしてホテルに戻りチェックアウト。
いざ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から、ローマへれっつらごー♪

次回、イタリア旅行記(ローマ編)、乞うご期待♪
・・・・・・・

いつも応援クリック、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ 

・・・・・・・

 - イタリア